指切り

皆さんは子供の時に
「指切り、げんまん、嘘ついたら針千本のーますっ」
と行って友達と約束をした事はありませんか?
実はこの指切りという行為、
歴史を辿ると由来は
江戸時代の頃の遊女にあるそうです。
遊女が自分の小指の第一関節を切り落として、
その切り落とした指をお客さんに渡して、
自分の好意をお客さんに伝えていたようです。
言うまでもなく、遊女もその指を受け取るお客さんも
とても覚悟の要る行為だったようですね。
何故、指を着る必要があったかと言うと、
遊女は色々なお客さんと遊んでいたので、
その中で本気になったお客さんに
自分の本気の証として、指を切り落として、
自分の誠意を伝えていたようです。
そういう歴史を通じて、
現在の指切りげんまんになったようです。
指切りげんまん。調べてみると
本当は怖い行為だったんですね。
和歌山 デリヘルの女の子と
イチャイチャしながら指切りげんまんをした時に
由来をはなしてあげれば、
きっと好感度アップ!……しませんね。
きっと、ドン引きされると思うので
指切りげんまんの由来は
女の子の前では喋らない方が良いと思います(笑)