日本の売春合法化

日本という国は、性に対して、元々おおらかな考えの国です。
しかし、一方では性風俗に対して差別的な見方もします。
売春防止法が成立して以降、性風俗は姿形を変え、
ピンクサロン、ノーパン喫茶、愛人バンク、マントル、
ホテトル、ファッションヘルスなどが生まれては消え、
ついに1990年代後半、我らがデリバリーヘルスが誕生しました。
このように歴史を辿っていくと、
国家は売春の禁止と公認を繰り返してきました。
それは歴史的背景はもちろん、公序良俗を保つためでもあり、
税収を確保するためでもあったりと、
色々な思惑が見え隠れしています。
ただ確実に言えることは、古来から日本にある民衆の持つ風俗、
そして性風俗の大らかさと自由、
多様性は否定されタブー化されてきました。
現在、世界的に売春は合法化の流れがあるとされています。
アジアの場合だと、タイでは完全に合法化されたり、
台湾でも合法化が検討されています。
欧米では、売春自体合法という国がほとんどです。
2000年には、オランダが斡旋を含む売春行為を完全に合法化したのを皮切りに、
ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドなども斡旋合法化に踏み切っています。
売春の合法化は、日本では難しいと思われますが、
世界で唯一、武力組織を認めている国、日本ですから、
風俗も法律では認めなくても、もう合法の様な物なので、
これからのデリヘルに期待しながら、
デリエッチ富山http://www.delih-f.com/toyama/を見て、お気に入りのお店を見つけましょう。